禁煙失敗のパターンを知れば失敗の予防になります

サイトマップ

トップバナー

煙草をやめられない理由

常に煙草を吸いたいという衝動に

現在、たばこ税の値上げが目立ちますよね。喫煙者にとっては、とても痛い仕打ちだと思います。こういった事があり、禁煙したい、または禁煙しなければならない状況におかれる人は多くいます。ですが、いざ、「今日から禁煙する」と固い意思を持っても、常に煙草を吸いたいという衝動に勝てずに、負けてしまう人も多くいます。

ニコチンはとても体に害があり中毒性がある物

何故、煙草をやめる事が出来ないのでしょうか。煙草を簡単にやめれないのには、大きな理由があります。その理由は、煙草を簡単にやめる事が出来ないのには、ニコチン依存症という、精神疾患が関係しているのです。何度となく、禁煙に失敗する人は、必ずしも自分の意思が弱いからでも、煙草が美味しいからでもなく、ニコチン依存症という病気になっているからなのです。

誰もが知っている通り、煙草にはニコチンが含まれていて、このニコチンはとても体に 害があり、中毒性がある物なのです。なので、ニコチンをずっと摂取してしまうと、い つの間にか、ニコチンを摂取しないと、イライラしてしまったりする体質へと変化 し、煙草を簡単にやめる事が出来ない体になってしまうのです。 ニコチンの依存性はかなり高く、通常簡単には抜けないものです。かなりの決意と 禁煙外来など医者にかかる、といった治療が必要になるのです。

3のつく日

ポイント

煙草依存症には、ニコチンへの依存、肉体的依存、と所謂クセのような精神的依存の2つに分ける事が出来、どちらも禁煙が失敗する事に大きく関係しています。よく聞く禁煙に失敗してしまた例として、一定期間禁煙に成功していたのに、あるきっかけでやめれなくなってしまった。という話です。

ニコチン欠乏が原因でニコチンが切れた事に対する反動
眠気

始めの3日間の失敗は、ニコチン欠乏が原因で、ニコチンが切れた事に対する反動 です。更に、3週目は、精神的な依存が原因となるようで、肉体的にはニコチンから抜け出したものの何 となく口寂しいや、何となくおかしいと感じ、煙草を吸ってしまう事が多くあるようです。3 ヵ月目以降は、何かの油断から吸ってしまう事が原因とされているようです。禁煙するので あれば、3のつく区切りの時期を気を付けましょう。意思をしっかりもって吸えない環境を作り出していきましょう。

効率的な禁煙方法の基礎的知識