含有成分量について理解しておくと失敗も回避できる

サイトマップ

トップバナー

タール数の低い煙草

感覚は煙草の種類によって異なる

現在、商品化されている煙草には、様々な種類がありますよね。それぞれ、好みの煙草があるように、それぞれに味や匂いが異なります。吸ったときの感じ、香りが特徴でしょう。感覚は煙草の種類によって異なります。また、タール数が低い煙草も販売されています。このタール数が低い煙草で、禁煙を試みる人はどうなのでしょうか。

タール数を減らす禁煙方法

禁煙する前に、ニコチン、タール数の低い物に変える人は多くいます。禁煙を思い立つとすっぱりやめるタイプか、銘柄を変えるか、軽い物にするかという手段があります。とりあえず、軽い物にするという考えの人もいます。タール数を減らす禁煙方法ですが、減らしてから、禁煙に挑戦する人は多いです。この方法は、効果的なのでしょうか。

同様の経験をした人に、良くある話なのですが、これだと余計に吸う量が増えてしまうそうです。つまり、1本当たりのタール数を減らすのは確かですが、結果的にみると、吸う本数が増えているようなので、物足りなさを感じるだけのようです。この方法では、煙草を吸ったという気持ちになれないようなのです。

満足できないタールと味

ポイント

例えば、ヘビースモーカーの人は、1日に数本では物足りなさを感じると思います。同時に、12ミリの煙草を吸っていた人が、いきなり1ミリの煙草に変えたとしても、吸った気になる事は不可能です。含有成分量を減らし、吸う本数を増やしてしまうと尚更、逆効果となってしまいます。

パッチ等別の方法をした方が良い
辞められない煙草

吸った気になれず、次から次へと吸ってしまうループが発生します。悪循環で、自己嫌悪してしまい、ストレスも溜まります。ミリ数を減らしたとしても、何の自慢にもなりません。煙草の本数が増えれば、費用も必要になります。煙草に費やすお金も増加します。それなら、パッチ等別の方法をした方が良いでしょう。タール数を下げる煙草での禁煙で、成功する人は、本当に数少ないので、オススメの方法ではありません。

効率的な禁煙方法の基礎的知識