意識を変える前向きな言葉を使いストレスフリーで乗り切ろう

サイトマップ

トップバナー

禁煙の際の禁句

モチベーションを維持する為に役立つ

今の自分を変えて、禁煙するぞという目標を立てたと思います。その際に、使わない方がよい言葉があります。ストレスが余計にかかってしまいます。よっぽど自信があるのであれば、問題はないと思いますが、そうでないのであれば、禁句となります。その言葉が、モチベーションを維持する為に役立つと思っているなら、バンバン言いましょう。

プレッシャーがかかる

ですが、基本的に、禁煙に1度挑戦し、挫折した経験のある人には、オススメする事の出来ない方法になります。また挫折してしまうと思う気持ちから、もう絶対に煙草を吸わないという宣言に対して、何度も、もしかしたら失敗するかもという気持ちに追い立てられてしまい、最後には、その言葉で自分の首を絞めてしまいます。

プレッシャーがかかるのです。煙草を吸ってはいけない。と自分に言い聞かせるのです。中々、しんど いと思います。言葉は、単なる言葉なのですが、目には見えないプレッシャーがかかってしまいます 。離脱症状が起きた際に、つらい思いをするかもしれません。禁煙して 健康になったのに、心に傷がついては、何の意味もありませんよ。ヘタするとうつ病になってしまう 人もいるくらいなのです。そうならないように、心のケアも同時に行いながら禁煙する必要があるのです。

あくまでマイペースに

ポイント

あれもこれもダメ。と禁止されると、反発したくなるのが人間です。どういった言葉なら自分のモチベーションを上げる事が出来るのでしょう。やはり、1番は自分の意思でスムーズに禁煙する事の出来る、前向きにチャレンジできるような言葉が良いと思います。絶対等決めつけるような言葉は、あまり使わない方がよいでしょう。

鏡の前で自分に言い聞かせてみる
前向きな気持ち

吸わないようにしよう等の言葉が、良いと思います。必ず義務的にする必要はなく、 あくまで明るい感じに自分に言い聞かせる事が大切になるのです。「吸わない事にしよう」等と毎日心の 中や、鏡の前で自分に言い聞かせてください。もし、禁煙を初めて煙草を吸いたくなった時には、再び言 い聞かせます。煙草に束縛されるのは、おかしいです。前向きで明るい人生の為に、少し頑張ってみませんか。 ほんの少しの決意で、簡単に前に進めることがわかるはずです。挫折したとしても損する事ではありません。 試して得する事しかありませんよ。

効率的な禁煙方法の基礎的知識