禁煙における体の変化を学んで成功に導きましょう

サイトマップ

トップバナー

禁煙と眠気

禁煙を始めると脳の中で変化が起こる

禁煙を成功させる方法として、どういった事が考えられるのでしょうか。禁煙している最中に眠気に襲われる人は、多くいます。ニコチンが不足したせいで、眠気が来ているのかという結果については、明確ではないのが実情です。ですが、ニコチンを欲しているのは脳なので、禁煙を始めると脳の中で変化が起こる事は事実です。その変化によって、眠気等が起こるという事は一理あると考えて良いと思います。

喫煙者の脳には、ニコチンがどんどんと送られていきます。そのため、更にニコチンを欲する気持ちが強くなり、ヘビースモーカーへと変わっていくのです。喫煙を続けるコツは、脳の働きを理解し、無理に逆らわない様にする事が大切になります。ニコチンを摂取する事によって能の動きが良くなると感じる人は多くいますが、研究で実際に脳が活性化されるという事がわかっています。

煙草によって脳が退化していく

本来の脳の動きを妨害しているニコチンなので、禁煙した際に、その反動が起こってしまいます。それが、眠気等の変化として発生します。外部からニコチンによる覚せい作用がないのであれば、活動しようという意欲のない脳になってしまうのです。こう聞くと、とても恐ろしい話ですよね。煙草によって、脳が退化していくのです。

脳がニコチン依存症から、解放されるまでの期間は、平均で3ヵ月程度といわ れています。という事は、3ヵ月禁煙を続ける事が出来れば、ニコチンへの依存はなくなるという事です 。禁煙方法として、とりあえず3ヵ月続けるという目標を立てると良いと思います。人間は目標がないよ りも、目標があった方ががんばれるのです。何の努力もせずに、禁煙を達成することは、とても難しいの ではないでしょうか。ですので、目標を立てることと、成功した時のご褒美も準備しておくとそれを 手に入れるために頑張れるので、より効果的になります。

禁断症状

ポイント

禁煙を成功させるためのコツとは、何でしょうか。禁断症状を乗り越える事がコツの1つだといわれています。コツを教えてくれるサイトは豊富にありますよね。ですが、そのサイトや本の中に、禁断症状がどのような物かという具体的な事を紹介してくれているページはあるでしょうか。具体的な禁断症状を理解しておく事が大切になります。

大体の人が、頭痛、めまい、脱力感、口の中に唾液が溜まるという感覚を感じると思います。ニコチンを摂取する事が習慣となってしまっている為、体や脳がニコチンを求めて禁断症状を発症しているのです。始めの頃が1番ピークとなるようです。それから1ヵ月が経てば、少し収まり始めます。ですが、時々強烈な禁断症状に悩まされる事もあるようです。

3ヵ月を過ぎれば峠を越えた
煙草を消す

また、3ヵ月を過ぎれば、峠を越えたと考えましょう。これから、禁煙を始めようと考えているのであれば、こういった症状を理解しておくことが大切になります。人によって、症状は異なります。案外すんなりと、禁煙する事が出来た人は少なくありません。あなたにとって、禁煙とは、どれくらいの覚悟で行うものでしょうか。

日常的に、煙草を吸っている本数が少なければ、そこまで苦労する事はないと思います。ですが、ヘビースモ ーカーなのであれば、禁断症状は計り知れない物となります。どうしてもダメだと思うのであれば、煙草を体 から遠ざける事が大切です。また、病院に強制的に入院させてもらう事や、周り後からを借りる事も大切にな ります。そして、煙草を吸っている人が少ない所、煙草をすえない所で数日間過ごすと効果的です。禁断症状がでてもタバコを 吸えない場所にいれば、諦められたりもするのです。例えば入院していると病院内は禁煙ですので、知らず知らずのうちにタバコの本数が減ってくるのと 同じ感じなのです。ヘビースモーカーの方もこの環境に少しづつ慣れるうちに吸わない事が苦ではなくなります。

効率的な禁煙方法の基礎的知識