体に様々な影響をもたらす喫煙と禁煙について知りましょう

サイトマップ

トップバナー

体質

栄養吸収能力が煙草のせいで落ちていた

禁煙を始めると、一時的に体調の悪化を感じると思います。ですが、この体調不良を乗り越える事が出来れば、健康な体に近づく事が出来ます。また、体調が変わったと感じる人も多くいます。実際に禁煙に成功した人の多くは、体調が変化する事があるのでしょうか。まず、体重についてですが、禁煙をしたら太るという意見がありますよね。ですが、今までの生活で栄養吸収能力が煙草のせいで落ちていたという事が考えられます。

健康になる事によって、新陳代謝が高まるので、栄養の吸収能力が高まったのです。なので、禁煙と同時に食べる量を少し減らす事も大切になります。自分の体重を測る事が重要です。基本的には、5㎏程度までは、禁煙しなくとも、増加する事になると考えるとよいでしょう。禁断症状が抜けないときには、うつ病に似た気分になる事もあります。

仕事場の環境は大きく変化

脳がニコチンへの依存から、脱却しようと試みる家庭の中で、不安感が出て来てしまうのです。勿論、実際にうつ病になっている訳ではないので、神経が過敏になっているという事が考えられます。また、仕事場の環境は大きく変化していくでしょう。周りの人が煙草を吸っていると、どうしても禁煙の誘惑に負けてしまいますよね。可能ならば、禁煙者の多い職場に移動した方がよいでしょう。

現在は、職場での分煙が多く取り組まれています。それは、禁煙を考えている人にとってとてもよい方法ではないでしょうか。禁煙する事によって、胃腸の調子もよくなりますが、反対に、胃痛、吐き気を感じてしまう事もあります。禁煙する為には、体調管理が大切になります。コツをつかむ事で、確実な禁煙を手に入れる事が出来るのです。

禁煙と年齢

ポイント

煙草を何歳から吸い始めたかによって、がんの発症率が異なります。喫煙が肺がんに関連している事は、もう常識のレベルとなっていますよね。それは、肺がんだけでなく、体全体のがんの半鐘率に関係してしまっているのです。禁煙のコツとして、怖さを理解する事が大切になります。がんになりたくないと思うのであれば、禁煙しましょう。

禁煙に対して、どういった感gなえを持っていますか。喫煙開始年齢と、肺がんになる割合をデータとして出した物があります。20歳未満では、男性で1.5倍、女性で8倍になるといわれています。更に、衝撃的なことは、喫煙した本数は官営していないという事です。という事は、ニコチンが弱い煙草だから影響が少ない訳でもないという事です。少しでも喫煙していれば、同様だといえます。早く禁煙する事が出来れば、それだけ、健康な体に近づく事が可能となります。

禁煙のコツは、自分を追い込む事
煙草を吸う男性

これを見た後すぐにでも、喫煙を始めましょう。あなたが長生きする事を望んでいるのであれば、煙草をやめる事から始めなければなりません。禁煙のコツは、自分を追い込む事です。禁煙によってストレスを感じる事もあると思いますが、のちの生活のイメージをふくらませてください。バラ色の人生になるのですよ。肺がんになる可能性が0になる訳ではありませんが、喫煙の影響を下げる事が出来るのは確かです。

日頃の生活の1部として、喫煙が入っているのであれば、すっきると辞めるという決意が必要になります。自分 の意識を変えましょう。喫煙が悪い事だと自分に思い込ませてください。脳内のニコチンへの依存を断ち切 る事が出来れば、禁断症状も止まります。継続したいのであれば、強い意識と、のちのイメージを重点的 に考えましょう。また何かして、気を紛らわす、という行動もとても効果的になります。何か集中することを 持っておくことで、禁断症状が出た時に我慢することができるのです。何もない状態ではすぐに手を出してしまって 失敗することが多くなります。

効率的な禁煙方法の基礎的知識